機能|幅広い分析力 | SiteTracker(サイトトラッカー)

タグ解析によるアクション分析や、より細分化できる広告効果測定。

||| タグ解析やパラメータ解析などあらゆる解析方法に対応できます。

リテール分析レポート

カートアクションを分析しオンラインショップの解析を支援

ECサイトとリテール分析イメージイベントタグを利用することで、Webサイトのショッピングカートにおける訪問者のカートアクションを具体的に解析することができます。商品の閲覧数や、商品別にカート追加、カート放棄、チェックアウトのほかに、商品単価を乗じた収益シミュレーションの分析も可能です。
ページ遷移を追うだけでは分からないカートの細かいアクションを分析することで、ECサイトの要といえるカート手続き部分の改善に役立てられます。

SiteTrackerのリテール分析レポートでは、リテール分析項目をメトリックスやディメンションとして使用することができるため分析の幅も広がります。

キャンペーン効果測定

広告効果測定からサイト内行動分析まで一貫した解析ができる

広告シナリオイメージ広告効果測定の目的はプロモーション(キャンペーン)の最適化です。ターゲットユーザに対してより有効にリーチし、Webサイト内でアクション率を高められるかがポイントです。キャンペーンレポートは広告効果測定をより細分化して分析できるように、「誰に(セグメント)」「どこに(チャネル)」「どういう方法で(チャネルタイプ)」行った広告なのかを分類して解析することが可能です。

キャンペーンには、複数のセグメント(広告のバリエーションやグループ)が含まれることもあり、Webサイトへのエントリが複数あることもあります。
キャンペーン解析レポートキャンペーンチャネルとは、訪問者をWebサイトに招いたキャンペーンを実行しているコンテンツソース(Webサイト、印刷広告、ニュースレターなど)のことです。
キャンペーンチャネルタイプとは、訪問者をサイトに招いたキャンペーンチャネルの総体的なタイプ(ニュースレターなど)です。キャンペーンチャネルタイプの統計はキャンペーンチャネルタイプサマリに表示されます。
キャンペーンセグメントとは、各キャンペーンチャネル内の広告バリエーションまたはグループのことです。
有料キーワードの解析もキャンペーン分析として解析できます。

SiteTrackerはサイトへの集客などの施策を「キャンペーン」として、さらにチャネル、セグメントなどに細分化した解析を行えるようにするためのレポート機能です。さらに、各プロモーションから来た訪問に、サイト内の主要なページへの訪問をメトリックスとして追加することで、サイト内の行動も一貫して分析できます。

ページの先頭へ

オプトインメール配信の効果測定(パラメータ解析)

URLダミーパラメータを使用したオプトインメールの効果測定

パラメータ解析によるメルマガ集客トレンドオプトインメールを配信する際に誘導するサイトのURLにターゲットを区別するダミーパラメータを付けて、そのパラメータを解析することでオプトインメールからの誘導効果測定も可能です。
こちらのレポートはターゲット層別のカスタムメトリックスを設定してレポートの項目に追加したサンプルです。
また、目的ページまでの到達状況を解析したシナリオレポートにより、オプトインメールから訪れた訪問者が目的ページまでの到達状況、ドロップアウト状況も解析することが出来ます。

ページの先頭へ

シナリオ分析

直線的なページ遷移のドロップアウト傾向やコンバージョンを分析

シナリオ分析レポートシナリオレポートは会員登録や商品購入ステップなど直線的なページ遷移の離脱(ドロップアウト)傾向や、最終目的ページにどのくらい至ったか、などのコンバージョンを分析することに最適なレポート機能です。
より多く目的ページへの誘導を向上させる為には、離脱の多いページをより敏感に察知し改善を施すといったアクションがとれます。また離脱の多いステップのページからの経路パターンを解析すると他のどのページに遷移する傾向があるのか、といったことも分析することができ、レコメンドの参考にもなります。

訪問者プロファイル

訪問者をプロファイリングして解析

訪問者プロファイル「Aページの訪問者」、「“アクセス解析”というキーワード検索で訪れた訪問者」などのように、訪問者をプロファイリングして解析が行える機能です。SiteTrackerでシナリオ分析を行う場合にも、この「訪問者プロファイル」によって行います。
さらにこの「訪問者プロファイル」もフィルタやディメンションとしてレポートに適用できますので、例えば「Aページの訪問者」は他のどのページを閲覧している傾向があるのか、どんな検索キーワードを使って訪問する傾向があるのか、などを追跡することができます。

カテゴリ別に解析(コンテントのグループ化)

ページをカテゴリ別にグループ化して傾向を大きく捉える

サイトの複数のページをグループ化(コンテントグループ)し、そのグループごとの傾向を分析することができます。個別ページごとの分析に比べカテゴリ別に人気度や訪問の傾向を大きく捉えることができ、サイト全体の最適化などに役立てることができます。
例えば家具を販売しているサイトでは、「テーブル」「ソファ」「ベット」など一般的なカテゴリ別にグルーピングして解析することもできますが、視点を変えて「アジアン」「モダン」「オーガニック」「和風」など嗜好カテゴリ別にグルーピングして解析すると、違った傾向が分析できることもあります。コンテントグループを設定すると、他のレポートでのフィルタなどでも設定できますので、例えばページ経路をカテゴリ別に見ることで「アジアン」のページに訪れる人は「和風」家具のページも訪れる、といった傾向を把握することもできます。

ひとつのページを複数のカテゴリにグルーピングさせることはできません。またログをインポートする前にコンテントグループの設定を行っておく必要があります。(再解析が必要)

SiteTracker9 ファイナルキャンペーン 30%OFF! 2014.11.30まで

SiteTracker製品資料

SiteTracker製品資料カタログやSiteTracker紹介資料をダウンロード提供します。

資料請求フォームへ

SiteTrackerを操作してみよう

SiteTracker9 オンラインデモ解析サンプルを実際に操作・閲覧できるオンラインデモをお試しください。

オンラインデモ